カード会社13社、地域活性キャンペーン「街カードフェスタ 倉敷」を開催

2017年3月17日19:19

クレディセゾン、三井住友カード、ユーシーカードおよびユーシーカードグループ(トマトカード)、イオンクレジットサービス、天満屋カードサービス、トヨタファイナンス、JR西日本、中国銀行、中銀カード、中国しんきんカード、セブン・カードサービス、青山キャピタルは、倉敷エリアにおける消費活性を目的に地域活性キャンペーン「街カードフェスタ倉敷」を2017年3月21日~5月7日まで開催すると発表した。

「街カードフェスタ 倉敷」は、全国各地域の商業施設およびカード会社が協業し、実施している地域活性キャンペーンとなる。今回初開催となる倉敷では、商店街、老舗百貨店、複合商業施設、専門店などさまざまな形態の商業施設が参画し、キャンペーンを実施する。地域のカード会員に加え、観光で訪れた観光客にもカードを利用してもらい、消費活性に貢献していきたいとしている。

具体的には、対象施設でのカード利用金額合計5,000 円(税込・合算可)以上の人の中から抽選で503名に「岡山-香港ペア旅行券」「商品券・お買い物券」をプレゼントするそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop