モバイル銀行身売り(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月26日9:00

ミレニアルズとアンダーバンクトを対象にしたモバイルバンキングのスタートアップが売却された。つまり親が子を売ったということ。

 

売却されたのはバンクモバイル(BankMobile)。その親はカスタマーズバンク(Customers Bank)である。

 

買ったのはフロリダに本拠を置くフラグシップ(Flagship Community Bank)で、購入額は1.75億ドル(約200億円)。

 

バンクモバイルは170万人の学生当座預金口座と5億ドルの預金を保有している。フラグシップはこの資産に加え、バンクモバイルのテクノロジーと知的財産も手に入れることになる。

フラグシップは従業員わずか26名。バンクモバイルは220名だ。小が大を飲み込むという構図となった。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop