チェイスのP2PはVenmoよりすごい(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月29日9:00

米国でP2P送金といえばVenmoだが、メガバンクも負けてはいない。チェイスは2016第4四半期の投資家説明会でモバイルP2P送金の実績を発表した。

 

チェイスのP2P送金はQuickPay(クイックペイ)というサービス。相手のモバイル番号やE-mailへ簡単に送金できる。全米の銀行ネットワーク(CXC)と接続しているため、他行の口座保有者へもスピーディに送金できるのが強み。

 

2016年第4四半期のアクティブユーザー数は400万人。1年間のトランザクション件数は9,400万件、取扱高は280億ドル(約3兆円)で年間成長率は38%だった。

 

Venmoの2016年取扱高は176億ドルだから、チェイスはVenmoの1.6倍になる。Venmoの手数料は無料。銀行としては送金手数料を取りたいところだが、対抗上無料にしている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop