モバイルフード注文急拡大(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月31日9:00

モバイルでフードを注文し決済するサービスが伸びている。NPD Groupによると、年率18%の勢いで成長。2016年にモバイルでの注文件数は19億件になった。

 

モバイルで事前に注文し、支払いを済ませて商品をピックアップ。あるいはモバイルで注文し、自宅やオフィスまで届けてもらう。というスタイルが定着しつつある。

 

これを創出しているのがモバイル。アプリをタップするとメニューが現れ、自分好みの商品をゆっくり注文できる。カウンターでどれにしようか、急かされながら迷うことがない。

 

消費者の利便性だけではなく、フード・レストランでも生産性が上がると好評だ。米国ではスターバックスやチャウナウ、パパジョーンズなどで成果を上げている。マクドナルドも追随した。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop