SuicaポイントをJRE POINTへ共通化、Suicaへのチャージが可能に(JR東日本)

2017年4月5日11:05

JR東日本は、2017年12月にSuicaポイントをJRE POINTへ共通化すると発表した。

これにより、Suicaポイント加盟店は、WEBで登録したSuicaの利用でポイントが貯まる JRE POINT加盟店になる。利用者は、駅ビル等で貯まったJRE POINTと、登録したSuicaの利用で貯まるJRE POINT(現Suicaポイント)を1つにまとめて、合算して利用可能だ。

サービスイメージ

また、貯まったJRE POINTは、従来通り駅ビル等で利用できるほか、1ポイント=1円として、Suicaへのチャージができるようになる。

さらに、2018年3月からは、東海道線などの普通列車グリーン車で利用できるSuicaグリーン券への交換もできるようになる。また、ビューカードの利用で貯まるビューサンクスポイントも2018年度中にJRE POINTへ共通化する。

SuicaでJRE POINTのサービスを利用するには、JRE POINT WEBサイトにてSuicaの登録が必要だ。また、既存のSuicaポイントクラブ会員も、JRE POINTへの移行手続きが必要になる。JRE POINTへの共通化に伴い、Suicaポイントクラブのサービスは、2019年3月で終了する。JR東日本では2017年10月31日で、「えきねっとポイント」「EASTYLE ポイント」「CoCoLo ポイント」を除く、提携ポイントとの交換を終了する予定だ。なお、ポイント交換の事前手続きの申込みは、9月30日で終了する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop