ビックカメラがビットコイン決済サービスを試験導入

2017年4月5日19:04

bitFlyerは、ビックカメラに対し、仮想通貨「ビットコイン」による決済サービスの提供を2017年4月7日より開始すると発表した。

ビックカメラは、 電子マネー「Suica」による決済の導入などの決済手段を提供しており、 今回の改正資金決済法施行に伴う国内におけるビットコインの普及、および海外からの観光客によるビットコイン決済の利用を見込みビットコイン決済サービスの試験導入を決定した。

導入店舗はビックカメラ有楽町店、 ビックロ ビックカメラ新宿東口店となり、決済上限は1会計につき10万円相当のビットコインとなる。また、ビックポイント付与率は現金と同率だ。

なお、ビックカメラへのビットコイン決済サービスの提供開始を記念し、4月7日10時~2017年4月19日まで、「ビックカメラ×bitFlyer決済サービス提供開始記念Wキャンペーン」を実施する。同キャンペーン期間中にビックカメラ有楽町店、もしくはビックロ ビックカメラ新宿東口店でbitFlyerのiOSアプリ「bitFlyer ウォレット」を使ってビットコイン決済をした人先着200名に500円相当のビットコインをプレゼントする。また、同キャンペーン期間中にかんたん店舗決済「bitWire SHOP ver2.1」に登録した人の中から抽選で200名に500円相当のビットコインをプレゼントするという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop