銀行がバーチャル従業員採用(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年4月10日9:00

パソコン上のバーチャルロボットを活用し効果を上げている銀行がある。スウェーデンはストックホルムに本拠を構えるNordea Bankである。

 

現在反復的な作業はバーチャルロボットの役割だ。ロボットの名前はLiv(リブ)。ロボットに性別はないが、女性をイメージしているようだ。スウェーデン語では生活という意味。

 

Livの生産性は高い。リードタイムは80%スピードアップ、エラーは100%削減された。ロボットLivは社内規定通りに対応するため、コンプライアンス強化にも役立っている。

 

ただし現在のLivはルールベース。機械学習やコグニティブコンピューティングを活用したものに進化する方針だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop