Amazon Cashで地上攻略(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年4月11日9:00

Amazonの地上攻略ツールがまた増えた。Amazon Cash、モバイル決済だ。

 

事前にAmazon口座に資金を入れて使う。資金は小売店頭やAmazonのギフトカードで追加する。店頭での資金追加可能額は15ドルから500ドル。マーチャントによって異なる。

 

Amazonの提携マーチャントでショッピングする際、モバイル画面にバーコードを表示して使う。QRコードではなく、バーコードをレジで表示し、店員にスキャンしてもらう。

 

バーコード表示には、Amazonアプリのバーコードページを開き、iOSではApple WalletへAmazon Cashのバーコードを格納しておく。

 

現在はドラッグストアのCVSやコンビニのKum & Go、Sheetz、グローサリーストアのD&W Fresh Market、VG’s、スーパーマーケットのFamily Fare、モーターサイクルのSpeedwayがAmazon Cashのマーチャントになっている。店舗数にすると数千店舗規模だ。

 

ターゲットはクレジットカードやデビットカードなどがもてない若年層である。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop