苦戦する米クレジットカード(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2010年9月21日9:00

クレジットかデビットか。米国ではますますデビットカードの利用が鮮明になってきた。

調査会社のJavelin Strategyによると、2009年のある特定の期間にクレジットカードを利用した人は56%だった。2007年には87%が使っていたというから大幅な落込みだ。

2010年にはそれが45%になると予測している。となると、リーマンショック前の約1/2。消費者はそれだけカードの使い過ぎに不安を抱いている。

いっぽうデビットカード利用は伸びている。ブランドによって伸び率は違うが、2007年から2009年にかけて3%〜7%の伸びとなっている。

特に若年層ではクレジット利用よりデビットカード利用が増えている。自分のフトコロ具合にあった健全な利用を心がけているようだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop