57,000件の偽サイト(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2010年9月23日9:00

有名ブランドをかたった偽サイトを立ちあげ、個人情報や口座番号などを盗むフィッシング詐欺が後を絶たない。

米セキュリティ会社のパンダラボによると、ハッカーは毎週57,000件の偽サイトを立ちあげているという。

もっとも多いのが有名銀行の名をかたったもの。フィッシングサイトの65%を銀行の偽サイトが占めている。

ついで多いのが、オンラインストアで27%。eBayのサイトをターゲットにするフィッシングサイトがもっとも多い。2位は海外送金のウェスタンユニオン。

銀行やオンラインストアがターゲットにされるのは、個人情報と金融情報を盗みやすいから。

個人情報やカード番号などの金融情報をWebで送信するときは、そのサイトの真正性を事前にチェックすることが必要だ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop