なぜデビットカード不正が急増したか(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年4月13日9:00

磁気カードからICカードへの移行を促進し、不正防止を強化しているにもかかわらず、米国では特定の不正が急増している。

 

FICOによると、2016年に一番増えたのはデビットカード不正である。ATMでのカード情報ハッキングで、前年比70%もアップした。

 

特にグローサリーストアなどの小売店頭のATMはICカード対応していないため、磁気情報をハッキングされている。

 

FICOによると、ノンバンクが運営するATMでの不正が60%を占めている。残りが銀行ATMとPOSである。つまり、ICカード対応していないATMが狙われているのだ。だからデビットカード不正が多い。

 

ハッカー達にとって、セキュリティの抜け穴を突くのはいとも簡単。カード番号を使わないトランザクションに(トークン化)しなければ、いつまでたっても不正は減らない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop