RFID導入が進む米国(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年4月16日9:00

米国大手小売りのTarget(ターゲット)は、非接触タグ(RFID tag)を1,600店で採用すると発表した。在庫管理の正確性とチェックアウトのスピードを高めるためだ。

 

RFID導入にあたっては、Avery Dennisonと提携。Avery Dennisonは小売りRFIDの世界最大手で、800強の特許を取得している。

 

米国小売でRFIDの導入が本格化したのは2015年。Macy’sは2017年末までに全商品へRFIDタグをつけるという目標を設定している。

 

Zebra2017の調査によると、小売りの70%がRFIDをすでに導入しているか、2021年までに導入を検討していることがわかった。

 

ショップのテクノロジー導入が急速に進んでいるのは、ショップの生産性を上げるためである。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop