チェイスのフィンテック投資6億ドル(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年4月17日9:00

チェイスのIT投資額はすごい。2016年のIT投資額は95億ドル、1兆円を超えた。そのうち30億ドルは新規IT投資である。

 

この中の6億ドルがフィンテックソリューションに使われた。ここでいうフィンテック投資とはデジタルとモバイルサービスの構築改修、そしてフィンテック企業との提携である。

 

特に推進しているのがモバイルバンキング。口座開設からトランザクション管理までフリクションレスで対応できるサービスをめざしている。

 

フィンテック企業提携では、住宅ローンのRoostify、オートローンのTrueCar、スモールビジネス融資のOnDeck、コミュニケーションのSymphonyと提携。自社開発よりスピードを優先した。

 

先進的なサービスを導入しやすくするため、開発者向けのAPIストアを開設。銀行サービスへ直接接続するインタフェースを提供している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop