セクシーなATM登場(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年4月19日9:00

スレンダーでモダン、そして美しい。ボタンをすべて取り去り、タッチ、スワイプ、スクロールで、望みがかなう。

 

そんなセクシーなATMが登場した。名前はEssence(エッセンス)。開発したのは世界最大のATMメーカーDiebold Nixdorfだ。

 

大型のiPhoneに、カード挿入や現金引出の口がついたものを想像すればいい。Appleの商品開発はいらないものをすべて削ぎ落とすことからはじまる。

 

それに倣って、ATMから不要なもの、カッコ悪いものを削ぎ落とした。だからネーミングはEssence。

 

ハードウェアに依存するのではなく、ソフトウェアで利用者や環境の変化にすばやく対応するというのが特徴。

 

顧客の利用履歴と連動したパーソナルなコミュニケーションが可能となるIoT型のATMだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop