NCおびひろと包括代理契約締結、北海道で電子マネーを積極推進(UCカード)

2017年4月13日17:57

ユーシーカード(UCカード)は、エヌシーおびひろ(NCおびひろ)と電子マネーにおける包括代理契約を締結し、北海道での電子マネーを積極推進すると発表した。推進する電子マネーは、「Kitaca」などの交通系電子マネー、「iD」、「楽天Edy」、「WAON」、「nanaco」となる。

日本銀行 決済機構局「決済動向(2017年1月)」によると、2016年の日本国内での電子マネー決済件数は約52億件、決済金額は約51,436億円となっており、年々増加傾向にある。北海道は、今後電子マネーの取扱いがさらに普及する余地があることから、UCカードは帯広をはじめ北海道に強い地場を持つNCおびひろと提携し、電子マネー取り扱い加盟店の拡大に注力する。

なお、UCカードとNCおびひろは、クレジットカード導入については2012年に包括代理契約を締結済であるため、加盟希望の事業者は、NCおびひろとのみ契約を締結することで、クレジットカードも電子マネーも取り扱うことが可能となる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop