デリバリー型社員食堂「シャショクル」でわりかんアプリ「paymo」を試験導入(AnyPay)

2017年4月13日19:10

AnyPayは、同社が運営するわりかんアプリ「paymo(ペイモ)」において、オフィス向けにお弁当を提供する、デリバリー型の社員食堂「シャショクル」(運営:スターフェスティバル)で、ペイモサービスの試験導入を2017年4月13日より開始すると発表した。

今回の試験導入では、ペイモによる決済を行うことで、お弁当購入時の代金支払いをスムーズにすることを目指す。利用者は事前に「ペイモ」にクレジットカード登録を行い、お弁当購入時は売り場に置かれているQRコードを読み込む。購入代金は、登録クレジットカードからの引き落とし、もしくはペイモ内で貯めることができるポイントやMy残高にあるお金から支払う形になる。そのため、利用者は現金を持つ必要がなく、スマートフォンのみで支払いを完了することが可能だ。

なお、「シャショクル」では、購入したお弁当の代金を4名以上で「ペイモ」で割り勘すると、次回代表購入者のお弁当が1つ無料になるキャンペーンを実施している。

スターフェスティバルでは、試験導入の状況を踏まえ、「シャショクル」での本格導入への展開を視野に入れるという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop