インドECが調達した驚きの金額(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年4月21日10:16

1回の調達で14億ドル(1,500億円)。調達したのはインドのEC事業者フリップカート(Flipkart)である。今回を含め13回のラウンドで総調達額は45.5億ドル。

 

投資したのは中国のテンセント(Tencent Holdings)やマイクロソフト、イーベイである。

 

チャットアプリをベースにするテンセントは、ECを軸にするアリババグループとの競争に勝つため、インドで成長著しいフリップカートに巨額投資した模様。

 

イーベイは今回5億ドルを投資。インドのイーベイとフリップカートを統合し、運営するという方針。フリップカートはイーベイの東南アジアビジネスの運営も引き受ける。

 

フリップカートは競合のスナップディール(Snapdeal)を買収するという噂があった。フリップカートはこのラウンドで時価総額が116億ドル。1兆円を超えたのである。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop