PayPalがGoogleと組んだ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年4月26日9:00

PayPalのモバイル対応が進んでいる。2016年のモバイル決済取扱高は1,020億ドルで、前年対比53%アップ。第4四半期の総取扱高に占めるモバイル決済取扱高シェアは31%になった。

 

それをさらに加速させるため、Googleと提携した。Googleが推進するAndroid Payの決済手段としてPayPalを使えるようにする。

 

Android Payを受付けるインストア、インアプリ、オンラインのマーチャントであればどこでもPayPalが使える。まずは米国のウォルグリーンズやダンキンドーナツからスタート。

 

PayPalはオンラインだけでなくリアルワールドの決済を拡大するため、2016年から提携を拡大している。Visa、Mastercard、Discover、Citi、FIS、FacebookやMessengerなど。Googleとの提携はその一環だ。

 

競合の決済サービスであっても、自社の顧客利便性を高めるためなら手を組む。PayPalの快進撃はつづきそうだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop