カード利用額1%に加え、宿泊料金5%還元の「Booking.comカード」の発行を開始(ブッキング・ドットコム・ジャパン/三井住友カード)

2017年4月26日17:45

オンライン宿泊予約サイト「Booking.com (ブッキング・ドットコム)」の日本法人であるブッキング・ドットコム・ジャパンと三井住友カードは、2017年4月26日から、 「Booking.comカード」の会員募集を開始すると発表した。ブッキング・ドットコムは、 三井住友カードと提携し、国内では初となる、ブッキング・ドットコムのユーザー向けのクレジットカードを発行し、利用者へのさらなるサービスの向上や新規顧客の獲得を目指す。

ブッキング・ドットコムの日本地区統括リージョナル・マネージャー アダム・ブラウンステイン氏と三井住友カード株式会社の東日本営業本部長 常務執行役員 鹿見良晴氏との契約締結の場面

同カードは、年会費は永年無料で、独自ポイントサービスの「Booking.comカードキャッシュバックポイント」がカード利用100円につき1ポイント貯まり、カード支払い月の翌月に「1ポイント=1円」で自動キャッシュバックされる。

さらに、ブッキング・ドットコムの同カード専用サイトで予約し、かつ現地にて同カードで支払うと、宿泊料金100円につき5ポイント付与される特典が付く。入会特典として、先着5万名限定でブッキング・ドットコムの上級ステータスであるGenius会員にアップグレードされ、さまざまなサービスが受けられるという。

なお、ブッキング・ドットコムは、 ホテルや旅館をはじめとするさまざまな宿泊施設のオンライン予約が可能で、5つ星ホテルやリゾートホテルから、ゲストハウスやカプセルホテルまで、さまざまな利用者の旅行スタイルやニーズに合った国内外の宿泊施設の予約が可能だ。グローバルで115万軒以上、 国内でも1万1,000軒以上の宿泊施設が掲載されており、世界で年間数億人が利用しているという。近年はインバウンド需要のみならず、国内のユーザー数が急激に伸びているため、さらに同サイトでの日本人ユーザーの予約を強化していくそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop