ネット専用海外旅行保険「t@bihoたびほ」が主要3社のキャリア決済サービスに対応(ジェイアイ傷害火災保険)

2017年5月1日9:15

ジェイアイ傷害火災保険は、インターネット専用のリスク細分型特定手続用海外旅行保険「t@bihoたびほ」の保険料決済において、これまでの国際5ブランドのクレジットカード決済に加え、国内主要通信キャリア3社が提供する毎月の通信利用料とまとめて支払いが可能になるキャリア決済サービスを導入し、2017年4月26日より取り扱いを開始した。利用できるキャリア決済サービスは、NTTドコモの「ドコモ ケータイ払い」、KDDIの「auかんたん決済」、ソフトバンクの「ソフトバンクまとめて支払い」となる。

キャリア決済での保険料支払いイメージ

キャリア決済は、アパレル通販や有料デジタルコンテンツ等では一般的な決済手段だが、保険業界での導入例は少なく、「ドコモ ケータイ払い」および「ソフトバンクまとめて支払い」においては、海外旅行保険として業界初の試みとなる。

近年、スマートフォンを利用して「t@bihoたびほ」サイトに訪問・契約する件数が増加し、特に30代以下の年齢層ではスマートフォン・タブレット経由での契約件数がPCを上回るシェアとなっているそうだ。これまで国際5ブランドのクレジットカードによる保険料決済に対応していたが、利用者のスマートフォン・タブレットの利用シーンを想定した場合に、クレジットカードを手元に出す煩わしさや他人によるクレジットカード情報の覗き見への不安などを解消するため、各キャリアが発行するIDやパスワード・暗証番号を入力するだけで決済手続きが完了するキャリア決済に対応した。

なお、保険期間が31日以内の契約において、キャリア決済を利用可能だ。また、支払可能な保険料上限額(決済上限額)は、出発日時点で20歳未満が1万円、20歳以上が5万円となる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop