カラダブランドサロン 276 店舗で利⽤可能なeギフト販売開始(giftee)

2017年5月1日14:32

eギフトサービスを展開するギフティは、2017年 5月1日から、ギフティが運営するWebサービスおよびスマートフォン向けのアプリ「giftee」にて、ファクトリージャパングループが運営する整体サロン「カラダファクトリー」をはじめとする、全国のスタジオ・サロンで利用可能な eギフトの販売を開始すると発表した。

ギフティは、カジュアルギフトサービス「giftee」の運営および、法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」を提供するSaaS事業を主力事業として展開している。「giftee」で販売を開始するファクトリージャパングループのeギフトは、LINE やEmail、Facebookからデジタルで贈ることのできる整体等の施術チケットとなる。ファクトリージャパングループが運営する、「カラダファクトリー」など、全国のサロン・スタジオ276店舗(2017年4月末時点)で利用可能で、母の日や父の日、敬老の日などに、離れて暮らす両親や家族に贈るギフトとして購入できる。

取り扱うeギフトは、グループ共通施術券1,000円、グループ共通施術券2,000円、整体ショートコース(40分)5,184円、整体スタンダードコース(60分)8,424円、の全4種類のギフトチケットとなる。なお、同eギフトは、5月末をめどに、LINE ギフトやzotoなどのeギフトサービスでも取り扱いが開始される予定だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop