東急ハンズ池袋店の母の日イベントスペースでPOSAカード販売、「プリペイドカードをギフトすることを楽しむ」を目指す(インコム・ジャパン)

2017年5月2日14:26

インコム・ジャパンは、東急ハンズ池袋店1階にある母の日のイベントスペース(ヒント・スペース)にて、POSAカードの販売を2017年4月29日から5月14日まで実施している。

東急ハンズ池袋店1FでのPOSAカード販売

取扱商品は、バニラVisaギフトカード3,000円、バニラVisaギフトカード1万円、LINEプリペイドカード1,000円、LINEプリペイドカード3,000円、からだ健診ギフトカード1万円、からだ健診ギフトカード3万円、ネイルクイックカード3,000円となる。

日本における「プリペイドカードをギフトすることを楽しむ」という新しい文化の創造を目的として、東急ハンズ池袋店とインコム・ジャパンはコラボレーションし、マーケットに提案する。第一弾として「母の日」にむけて、メッセージカード、カーネーション、ギフトケースなどさまざまなアイテムと一緒にPOSAカードを販売する。また、動画やディスプレイなどを通じて、それぞれのPOSAカードに想いを込めながら、“楽しんで贈る”というヒントをトータルでコーディネートするそうだ。

インコム・ジャパンは、これまでにコンビニやショッピングモール、ドラッグストアなどを中心にPOSAカードを販売し、主に自己利用の目的で購入されることで市場を拡大してきた。ギフトカード先進国の米国においてPOSAカードはギフトアイテムとして定着しており、日本においてもPOSAカードのギフト利用の市場拡大が期待されている。季節ごとのイベントや、誕生日・お礼・お祝いなどさまざまなギフトシーンにおいて、今後、POSAカードが新しいギフトとして選ばれることを期待してさまざまな提案を行っていくそうだ。

インコム・ジャパン株式会社

〒163-0610
東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル41F

インコム・ジャパンは、ギフトカードおよびプリペイドカードに関連した技術の提供を行っており、北米を中心に約400,000ヶ所の流通・販売網を構築しています。2013年度においては約2.8兆円のプリペイドカード、ギフトカードを流通、販売しています。インコム・ジャパンの最新POSA技術(InComm’s Point of Sales Activation)は、前払い式製品の販売方法を大幅に改善するとともに、製品を購入する消費者の購入プロセスを大幅に簡素化するなど小売市場における大きな変革をもたらしました。インコムは米国アトランタを本社とし日本、カナダ、イギリス、韓国などを含む30カ国にて展開しています。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop