カナダで24X7NWバトル(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年5月10日9:00

オンライントランザクションの増加によって、銀行間決済ネットワークへのニーズはバッチ処理から24時間年中無休のリアルタイム処理へと移行している。

 

日本もファスタペイメンツ(Faster Payments)の移行計画を進めているが、カナダでも同様の動きがある。

 

2016年12月、カナダ決済協議会(Payments Canada)は、決済システム変革のロードマップをまとめた。これに則ってファスタペイメンツ開発の入札がはじまった。

 

今回入札に参加するのは、英国のVocalink(ボーカリンク)、イタリアのSIA、そして地元カナダのCGIの3社。今後数カ月で勝者が決まる。

 

これまでの実績からいうとVocalinkが優勢。シンガポール、タイ、米国で開発支援している。SIAは汎ヨーロッパでの開発実績がある。勝者はアクセンチュアと協業する予定だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop