PCI DSS Version3.2の完全準拠認定を取得(クラスメソッド)

2017年5月10日16:01

クラスメソッドは、ペイメントカード業界の国際的なセキュリティ基準である「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)」Version 3.2の完全準拠認定を取得したと発表した。

クラスメソッドは、 顧客のアマゾン ウェブ サービス(AWS)利用を総合的に支援するサービス「クラスメソッドメンバーズ」で提供しているマネージドサービスにおいて2016年にPCI DSS Ver 3.1の認定を取得していた。今回はクレジットカード情報を始めとするデリケートなデータを取り扱うために新設した同社セキュリティルームを対象に、PCI DSS Ver 3.2の認定を受けた。

なお、クラスメソッドは、AWS、モバイル、ビッグデータに特化したコンサルティングやシステム開発や運用監視サービスを提供しており、顧客にはクレジットカード情報を取り扱う事業者も少なくないそうだ。今回の認定により、今後も継続的にセキュリティ対策の強化を行い、より安心・安全なサービスを提供できるよう努めていきたいとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop