スマートフォン決済アプリ「PayB」でみずほ銀行と業務提携合意(ビリングシステム)

2017年5月12日20:45

ビリングシステムとみずほ銀行は、2017年5月12日、ビリングシステムが提供するスマートフォン決済アプリ「PayB」に関する業務提携契約に向けた協議を開始することに基本合意したと発表した。

両社が協議を開始する業務提携においては、PayBの機能のうち、まず、金融機関やコンビニ等で支払える払込票のバーコードをPayBアプリのカメラ機能で読み取り、みずほ銀行の預金口座からリアルタイムで決済できるサービスを中心に、検討を進めていく。

PayB による払込票決済の流れ

「PayB」の利用により、みずほ銀行の口座保有者は、公共料金や通信販売など各種支払いで使われる払込票を、金融機関の窓口やコンビニエンスストアに持参することなく支払うことが可能となる。

また、「PayB」の利用にみずほ銀行のみずほダイレクト(インターネットバンキング)の契約は不要なため、誰でも利用できる。

両社では、2017年7月の同サービスリリースに向け協議を進めるとともに、PayBの持つその他の機能を活用した、対面販売やECショップ、電子カタログ、スポーツ観戦場などでの新しい決済サービスについての連携も検討していく。

ビリングシステム株式会社

東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー13F

当社は、多数の決済機関の機能をワンストップで利用できるプラットフォームと業務ノウハウを有し、これらをソリューションとしてご提供することで、多くの企業や団体においての代金回収や送金などの業務の大幅な効率化とコストダウンを実現しています。日進月歩の決済機関のサービス単体ではなかなか投資対効果が発揮しづらいときでも、私たちのソリューションがあれば投資を最小限に抑えつつ、信頼性の高い業務が実現可能です。対象となる主な業務は次の通りです。
【代金回収】【送金】【入金消込】【資金繰り】【決済システム構築】【インバウンド】【集客】【スマホ決済】

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop