決済口座を動的に切り替える「BLINK CARD」、PINの代わりにバイオメトリクスで認証する「F-CODE」等を展開(オベルチュール・テクノロジーズ)

2017年5月19日9:07

仏のオベルチュール・テクノロジーズ(Oberthur TECHNOLOGIES:OT)は、ワンタイム・パスワードカード「OT MOTION CODE(オーティー・モーション・コード)」、リアル店舗での支払いの際にPINで認証するバイオメトリクスカード「F-CODE(エフコード)」、5つの口座を切り替えて使用できる「BLINK CARD(ブリンク・カード)」といった次世代のカードを開発している。これらのカードの展開について、中東・ドバイで開催された「Seamless Middle East2017」で担当者に話を聞いた。

グローバルに採用が進む「OT MOTION CODE」
欧州、米国、南米、中東などで展開

ワンタイム・パスワードカード「OT MOTION CODE」は、カードの裏面に表示された3桁の静的なセキュリティコードを、ミニスクリーンに表示された動的な番号に置き換えて使用できる。セキュリティコードは1時間ごとに変更。これにより、非対面決済での不正を防ぐことが可能だ。

2014年に発表された同カードは、フランスのBNP PARIBAS(BNPパリバ)、ソシエテ ジェネラル(Société Générale)などが採用。オベルチュール・テクノロジーズ M-BU Financial Servicce Institutions ヘッド・オブ・ストラテジック マーケティング Nicolas Raffin(ニコラス・ラフィン)氏は、「フランスではローンチ後、3カ月で5万のカードを作りました」と成果を口にする。

オベルチュール・テクノロジーズ M-BU Financial Servicce Institutions ヘッド・オブ・ストラテジック マーケティング Nicolas Raffin(ニコラス・ラフィン)氏

また、欧州に加え、米国、南米、中東、東アジアなどでも展開。日本でも凸版印刷と提携して推進している。中東では、金融ソリューション事業者のNetwork International(ネットワーク・インターナショナル)と提携し、VisaやMastecardブランドでのサービスがローンチされている。

ワンタイム・パスワードカード「OT MOTION CODE」

カード券面に指紋センサーを搭載した「F-CODE」
PINの入力なく、本人確認が可能

バイオメトリクスカード「F-CODE」は、カード券面に指紋センサーを搭載。同カードは、EMVの接触/非接触に対応しており、ISO規格準拠の標準的なペイメントカードとして使用が可能だ。

具体的には、ノルウェーのZwipe AS(ズワイプ社)の技術などと同様に、消費者が対面の加盟店で支払う際のPIN入力を置き換えるように設計されている。また、PIN(暗証番号)の入力なく、本人確認が可能だ。

バイオメトリクスカード「F-CODE」

5つの口座を切り替えて使用できる「BLINK CARD」
Wallet Cardと異なる商品性を持つ理由とは?

そして、EMV接触/非接触に対応した「BLINK CARD」は、デビット、クレジット、プリペイド、ロイヤリティカードなど、5つの口座を切り替えて使用可能だ。消費者は、カードのボタンをタップして、使いたいカードを設定できる。現在選択されている支払い種別がわかるよう、使用の際は、LEDライトの1つが点灯する。

5つの決済口座を切り替えて使用できる「BLINK CARD」

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

この記事の著者

株式会社TIプランニング代表取締役 池谷 貴

株式会社TIプランニング代表取締役 池谷 貴

2009年11月にマーケティング、カード・電子決済、IT・通信サービスなどのコンサルティング、調査レポート・書籍の発行、セミナー運営、ポータルサイト運営などのサービスを手掛ける株式会社TIプランニングを設立。現在は、ポータルサイトとして「payment navi(ペイメントナビ)」「PAYMENT WORLD (ペイメントワールド)」を運営しています。
書籍の発行、執筆や講演など幅広く行っています。 ツイッター/フェイスブック

page toppagetop