CUP一帯一路で躍進(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年5月27日9:00

銀聯(CUP)が一帯一路で勢力を拡大している。カードのアクセプタンスを増やし、カード発行を加速している。

 

一帯一路では50の国と地域で活動中。それぞれの地域事情に合わせた戦略を実行している。

 

カザフスタンでは、この2年間で、ATMのカバレッジが50%から80%に、POSのカバレッジは20%から80%に拡大した。UnionPayのカード発行枚数は130万枚を超えている。

 

パキスタンではほとんどのPOSで受付可能。ATMのカバレッジは70%を超える。カード発行枚数は340万枚である。国際ブランドのシェアは2位。

 

ロシアでは34万台のPOSと4.1万台のATMで受付可能。今年末までにカバレッジを80%に拡大する計画だ。

銀聯は習近平総書記の描いた一帯一路構想にのっとり、世界に販路を拡大している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop