クレジット決済インフラのセキュリティ対策についてのセミナーを開催(NEC)

2017年5月30日21:20

日本電気(NEC)は、2017年6月14日、「お済みですか? クレジット決済インフラのセキュリティ対策~ 安心・安全なカード利用環境の実現にむけて~」を開催する。

近年クレジットカード取引高は増加傾向にあり、2020年(東京オリンピック・パラリンピック)までに、さらなる増加が見込まれている。一方、セキュリティ対策が不十分な加盟店あるいは決済事業者をターゲットとした、カード情報の流出事故、偽造カード・成りすましによる不正使用も増加の一途をたどっている。このような状況の中、クレジット取引セキュリティ対策協議会は「2017年実行計画」を策定、加盟店あるいは決済事業者への対応を求めている。

今回のセミナーでは、クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた2017年実行計画の3つの対策である「カード情報漏えい対策」「偽造カードによる不正使用対策」「非対面決済での不正使用対策」について解説。また、ペイメント基盤ソフトウェア「PaymentElite」のセキュリティ対策について解説するそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop