「TABLE FOR TWO」からプラチナサポーターとして感謝状を受領(三井住友カード)

2017年5月31日19:34

三井住友カードは、2017年5月に、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(TFT)より「プラチナサポーター」として感謝状を受領したと発表した。

感謝状を受領する三井住友カード 経営企画部長兼CSR室長 髙橋照正氏(左)

三井住友カードでは、2012年2月より開発途上国の食糧支援と先進国の生活習慣病解消を結びつける活動「TABLE FOR TWO(テーブルフォーツー)」プログラムに参加している。TABLE FOR TWOの対象となる「ヘルシーメニュー」を東京・大阪本社を含む5拠点の社員食堂で提供し、1食につき20円(開発途上国の学校給食1食分)を、TFTを通じて開発途上国に寄付している。また、TABLE FOR TWOプログラム対象の自動販売機も設置し、対象の「ヘルシードリンク」購入で、1本につき2円(10本で開発途上国の学校給食1食分)を寄付しているそうだ。

さらに、社員食堂の無い拠点においても、自主的にヘルシーな食事を摂ることで活動へ参加できる企画を実施し、三井住友カードの全13拠点での参加が実現した。社内SNSを活用したキャンペーンを実施するなど、社内の認知度とCSR意識の向上を図るさまざまな施策を実施した結果、前年を上回る約5万7,500食分の115万368円を寄付することができたという。これを受けて、このたびTFTから「プラチナサポーター」として感謝状を受領し、2013年から4年連続での受領となった。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop