愛知・岐阜・三重で22施設と連携したキャンペーン(オリコ/UCカード/クレディセゾン/共立クレジット/ジャパンネット銀行/住信SBIネット銀行)

2017年5月31日22:49

オリエントコーポレーション(オリコ)、ユーシーカード(UCカード)、クレディセゾン、共立クレジット、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行は、クレジットカードおよびデビットカードの利用による消費活性化を目的として、愛知県・岐阜県・三重県内で店舗展開する商業施設22社と提携した「東海エリアカードキャンペーン」を2017年6月1日から7月31日まで開催すると発表した。

「東海エリアカードキャンペーン」は、愛知県・岐阜県・三重県内の対象施設において、対象のクレジットカードまたはデビットカードのご利用金額に応じて、抽選で合計200名にUCギフトカードをプレゼントするキャンペーンとなる。

スーパーマーケットや飲食店など日常利用頻度が高い施設を対象とし、各店舗での買い物において対象カードの利用を増やしてもらうことで、同エリアの消費向上による地域活性化を目指す。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop