Googleリアル店舗購入データを測定(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年6月5日9:02

2017年5月23日、Googleはデジタル広告を見た人が、リアル店舗でいくら使ったかを測定できるツールを発表した。

 

広告価値を高めるには、その広告でどれだけものやサービスが購入されたかという実売データが有効だ。オンライン検索のGoogleにとって、この実売データは喉から手が出るほど欲しい情報である。

 

これがあれば、Googleは広告主に最適なマーケティングソリューションを提供できる。広告主にとって、投下したマーケティング費用でどれだけのリターンがあったかがわかれば、もっと効率的なマーケティング施策を打てる。

 

このツールはクレジットやデビットカードとGoogle広告とをマッチングできるというもの。ただし、何を購入したか、誰が購入したかという特定はできない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop