Paytmが銀行に(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年6月7日9:00

インドのモバイル決済サービスPaytmが銀行になった。これまでPaytmはOne97 Communicationが運用していたが、すべてを決済に特化した銀行(Paytm Payments Bank)に移管する。

 

決済に特化しているため、自らは融資や投信の販売はできない。よって、預金はインド国債にすべて投資し、運用益を確保するというビジネスモデルだ。

 

利用者からは手数料をとらない。決済手数料は無料。口座維持費も無料。バーチャルデビットカードも無料である。

 

利益の源泉は、国債の運用益のみ。自国の発展に寄与するための国債を買う。その志が美しい。日本のメガバンクにもみならってほしいものだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop