現地通貨でAlipay(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年6月8日9:00

AlipayがAlipayHKを立ち上げた。これまでは中国元をベースにした決済だったが、香港ドル口座での決済が可能となる。Alipay口座へ香港ドルをトップアップして使う。

 

Alipayの受付マーチャントは8,000店舗あるが、香港ドルを受付けられるマーチャントは当初2,000店ほど。順次拡大していく。

 

現地通貨でAlipayが利用できることは何を意味するか。中国人以外、つまり世界中の人達にAlipayサービスを提供できるということである。

 

米国民にはドルベースの決済、日本人なら円ベースでAlipayが使えるようになる。Alipayは日本で加盟店開拓をしているが、イシュイングはまだ。

 

日本人向けAlipayが登場する可能性は高くなってきた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop