m-Pesaで非接触決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年6月9日9:00

ケニアのサファリコムは5月10日、M-Pesa One Tap(エムペサ・ワンタップ)と呼ばれる非接触決済を発表した。M-Pesaの進化版である。

 

利用できるディバイスはステッカー、非接触ICカード。そしてリストバンドである。ステッカーはスマートフォンの裏面に貼って使う。

 

これまでM-Pesaは個人間送金がメインだったが、非接触導入でB2CやB2B決済を拡大する。キャッシュレス拡大の起爆剤だ。

 

加盟店手数料は0.5%。上限は200ケニアシリング(約220円)で、これ以上は加盟店からとらない。ケニアの国際ブランド手数料3.5%にくらべかなり安い。

 

M-Pesa One Tapのマーチャントになるためには本人確認が必要となる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop