インド決済NWにGoogleなど続々(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年6月10日9:00

インド政府はキャッシュレス推進のため、さまざまな手を打っているが、デジタル決済ネットワークの構築もそのひとつ。インドにはUPI(Unified Payments Interface)というリアルタイム決済ネットワークがある。

 

このネットワークに接続し、事業拡大を目論む国際企業がインドへ押しかけている。なんといっても13.5億人という人口は魅力的だ。

 

GoogleはAndroid Pay拡大のため、UPIと接続テストをスタート。オンライン決済代行のStripeもUPIと提携を模索している。チャットアプリのWhatsAppはUPIと接続し、決済プラットフォームを構築したいと考えている。

 

もしこれらの企業がサービスをはじめたとしたら、利用者数は数年で5,000万人から1億人になるといわれている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop