韓国のタクシー配車アプリ「カカオタクシー」と提携、世界中のアプリとの連携を推進へ(JapanTaxi)

2017年6月5日19:26

JapanTaxiは、2017年5月16日付で韓国のカカオとグローバルサービス展開のための業務締結をし、今後、JapanTaxiが運営する「全国タクシー」アプリとカカオが運営する「カカオタクシー」アプリにおいて相互でタクシー配車が可能になると発表した。

2015年3月31日に始まったカカオタクシーは、現在、韓国のタクシー24万5,000台が対応、ユーザ登録数1,450万、1日最大配車数150万件、累計運行完了数2億2,000万件を記録している。

「カカオタクシー」アプリ

今回の締結により、JapanTaxiとカカオは両社のタクシー配車アプリを技術連携し、両国の利用者が韓国と日本どこでも便利にタクシーを利用できるように年内には技術開発を完了し、正式にサービス提供を開始する予定だ。

具体的には、カカオタクシーアプリの利用者が日本でもカカオタクシーアプリから日本現地のタクシーを配車できるようになる。カカオタクシーアプリに入力した配車情報がJapanTaxiのシステムを通じ、全国タクシーに加盟するタクシー車両に送信される仕組みだ。同じ方式で全国タクシーアプリの利用者も韓国において全国タクシーアプリを通じ、カカオタクシーを配車することが可能になるため、現地のタクシー配車アプリをダウンロードする必要がないという。

JapanTaxiでは今回の連携を皮切りに、世界各国のタクシー配車アプリとの連携を推進し、全国タクシーアプリをグローバルタクシー配車アプリへの進化を目指す。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop