Gemaltoと提携して世界中でモバイル決済のトークン化プラットフォームを提供(HPS)

2017年6月6日8:59

ペイメントのソフトウェアを提供する企業であるHPSは、世界5大陸85カ国で事業を展開。世界の350の金融機関、プロセッサーなどに対し、電子決済ソリューションを提供している。同社ではモバイル決済に対応したトークン化のソフトウェアも提供しており、世界の主要なサービスで使われているという。

決済の入り口から出口まで決済機能をサポート
信頼できるトークン化プラットフォームを世界中で提供

HPSの「PowerCARDソフトウェア」は、決済の入り口から出口まで、主要なバックオフィス決済機能をサポートしている。クレジット、デビット、プリペイド、ロイヤリティプログラムといったサービスを、さまざまなチャネル(ATM、POS、インターネット、モバイル)を通して提供可能だ。現在、北米、アフリカ、アジアなどでサービスを展開している。

HPS ヘッド・オブ・マーケティング Sebastien Slim氏は、「イシュイング、アクワイアリング、スイッチングと、すべてに対応したソフトウェアサービスを提供していることが強みです」と説明する。

右からHPS ヘッド・オブ・マーケティング Sebastien Slim氏、中東&アジア アカウント・マネージャー Rohit Mascarenhasu氏

NFCモバイルペイメントに関しても世界中でサービスを提供。2015年5月にはジェムアルト(Gemalto)と提携を発表。世界中でトークン化に対応したモバイル決済プラットフォームをペイメントサービスプロバイダに提供している。

HPSはトークナイゼーション、ジェムアルトはモバイルプロビジョニングで強みを持つ。同提携により、ジェムアルトのモバイル技術と、HPSのトークン化のソフトウェアを組み合わせることで、より信頼できるトークン化プラットフォームをさまざまなプレイヤーに提供できるようになったそうだ。

すべての種類のハンドセットセキュリティアプローチに対応
世界中でサービスを提供するGemaltoと提携で導入が加速

ジェムアルトの「Allynisトラステッド・サービス・ハブ(TSH)」では、「SIM型」「eSE型」「microSD型」「HCE型」「TEE(Trusted Execution Environment)型」など、さまざまなモバイル決済プラットフォームの方式に対応しているが、今回のHPSとの提携により、すべての種類のハンドセットセキュリティアプローチに対応した認定トークンサービスを提供可能だ。

また、ジェムアルトは世界中でサービスを提供しており、各地域に強いローカルプレイヤーとの関係も深い。これにより、世界中でHPSのトークン化のソフトウェアを間接的に提供することが可能となった。

世界のクライアントは約60
日本で得た経験をフランスなどで活かす

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

この記事の著者

株式会社TIプランニング代表取締役 池谷 貴

株式会社TIプランニング代表取締役 池谷 貴

2009年11月にマーケティング、カード・電子決済、IT・通信サービスなどのコンサルティング、調査レポート・書籍の発行、セミナー運営、ポータルサイト運営などのサービスを手掛ける株式会社TIプランニングを設立。現在は、ポータルサイトとして「payment navi(ペイメントナビ)」「PAYMENT WORLD (ペイメントワールド)」を運営しています。
書籍の発行、執筆や講演など幅広く行っています。 ツイッター/フェイスブック

page toppagetop