クレジットカードや電子マネー等のおつりで投資サービス「トラノコ」の提供開始(TORANOTEC)

2017年6月7日20:03

TORANOTEC(トラノテック)は、 2017年6月7日から、おつりで投資サービス「トラノコ」の提供を開始したと発表した。トラノコは、クレジットカードやデビットカード、交通系電子マネーなどから日々の買い物の「おつり」を毎日コツコツ、自然と投資資金を積み上げ、資産運用を行うことができるサービスであるという。

トラノテックでは、毎日の「おつり」を5円から1円刻みで分散投資することができる「トラノコ」を提供することにより、 人々が将来に向けた投資を検討する際の課題であった「まとまったお金が必要」という大きな障壁を排除したいそうだ。

トラノコのサービス開始にあたり、家計簿アプリのマネーフォワード、Moneytree、およびZaimとの連携契約を締結した。

「おつりで投資」のベースとなる日々の買い物のデータは、「トラノコ」内の「トラノコおつり捕捉サービス」でクレジットカード、電子マネー、ポイントカードなどの情報を登録することによりトラノコで把握できるようになる。「おつり」の金額を算出する単位は、利用者がトラノコで100円、500円、1,000円単位のいずれかに設定可能だ。さらに、マネーフォワード、Moneytree、Zaimの家計簿アプリの利用者には、家計簿アプリに蓄積された買い物データを「トラノコ」に連携させることで、新たにデータ登録をせずに「おつりで投資」を開始できる。なお、Moneytreeとのシステム連携は、2017年夏頃を予定している。

トラノコ・サービスの提供は、トラノテックの100%子会社のTORANOTEC投信投資顧問(トラノテック投信)を通して行い、トラノコで積み上げた「おつり」は、トラノテック投信が設定・運用する投資信託を通して運用する。トラノテック投信では、資産運用のプロが用いる高度な運用手法で、ETF等にバランスのとれた分散投資を行うトラノコ用ファンドを3つ設定しており、サービス利用者は、リスク許容度に応じて3つのファンドから投資先を選択できるとしている。

利用者は、積み上げたおつりの状況やファンドの運用実績をトラノコ内で確認できる。また、 将来の資産形成シミュレーションや、市況を経済社会のニュースに照らして解説する機能などもある。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop