「Pepper」の接客でイオンカードの入会手続き、AI技術を活用したデジタルコンシェルジュの実証実験(イオンクレジットサービス/イオン銀行)

2017年6月8日19:30

イオンフィナンシャルサービスの子会社であるイオンクレジットサービスおよびイオン銀行は、2017年6月13日から、カウンター窓口での、イオンカード入会受付について、人型ロボット「Pepper」の接客で、入会手続きが完了する受付サービスおよび利用者からの質問に対して、AI(人工知能)技術を搭載した卓上ロボットが対応する“デジタルコンシェルジュ”の実証実験を開始すると発表した。同社では、今回の実証実験をイオンモール幕張新都心で一定期間実施した後、その結果を検証したうえで設置店舗を拡大する予定だ。

「Pepper」の受付サービスは、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」を活用し、イオンカードの入会受付業務を行うもの。イオンカードに入会する人に対し、店頭スタッフに代わり、カードの機能、特典のほか、入会受付の際の間違いやすいポイントの説明を行い、入会手続きの完了まで対応する。また、本人確認書類を提出する必要はないそうだ。1台の「Pepper」で、最大3名の同時対応が可能となる。

“デジタルコンシェルジュ”は、タケロボのコミュニケーションロボット「ロボコット」を活用し、店頭スタッフに代わり利用者の質問、商品案内などに対応するもの。同コンシェルジュは、AIプラットフォームと連携し、利用者との会話のやりとりを画面で表示し、質問者に回答するそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop