頑張るインドのモバイル決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年6月17日9:00

モディ首相のキャッシュレス政策で、モバイル決済が伸びている。先頭を走るのはPaytmだが、それ以外のモバイル決済も好調だ。

 

Mobikwik(モビクイック)は2009年8月設立で、インドのグルガオンに本拠を構えるベンチャーだ。これまで6回のラウンドで1億2,675万ドルを調達している。

 

利用者数は現在5,500万人。顧客は月間400万人のペースで増加。マーチャントは1日に1万件増えているという。急ピッチで市場を拡大している。遅くとも2019年下半期までには利益を出す計画だ。

 

銀行が運営するUPI(Unified Payments Interface)ベースのモバイル送金決済も好調だ。携帯電話番号で相手の銀行口座間へ簡単に送金できることが受けている。

 

2016年8月にスタートしたサービスで、2016年11月の月間取扱高は1,500万ドルだったが、2017年3月末時点の月間取扱高は3億5,900万ドルになった。5カ月で24倍だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop