WeChat Pay国際展開を加速(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年6月19日9:00

WeChat Payは国際展開を加速するため、サンフランシスコに本拠を構えるペイメントウォール(Paymentwall)と提携した。

 

ペイメントウォールは2010年の創業で、デジタルグッズとオンラインサービス向けに決済プラットフォームを提供。世界200の国と地域をカバーしている。

 

WeChat Payの利用者は6億人を超え、2016年の取扱高は1.5兆ドルに達した。そのうち30%はオンラインでの利用だ。

 

ペイメントウォールとの提携により、WeChat Payは米国、欧州、ラテンアメリカ、東南アジア、中近東での利用が可能になる。

 

ペイメントウォールは現在150種類の決済方式に対応。マーチャントは自社にあった決済をAPIで簡単に導入できる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop