京都のカプセルホテルにビットコイン決済を導入(ランシステム)

2017年6月13日22:02

ランシステムは、2017年6月16日から、運営するカプセルホテル「Comics & Capsule Hotel コミカプ 京都新京極店」において、ビットコイン決済サービス「Coincheck payment」を導入すると発表した。

「Comics & Capsule Hotel コミカプ 京都新京極店」

ビットコインは、インターネット上でやり取りされる仮想通貨であり、日本でも取引高が増加している。「Coincheck payment」は、コインチェックが提供するビットコイン決済サービスで、スマートフォンからビットコインによる支払いが可能だ。

「Comics & Capsule Hotel コミカプ」は、カプセルホテル形式の宿泊施設をメインとした店舗で、数万冊のコミックを取り揃えたコミック融合型リラクゼーションスペースとなる。2017年2月28日に京都新京極に1号店をオープン。京都新京極店は、阪急電鉄京都本線河原町駅から徒歩5分と観光にも便利な立地で、同ビル内には自社で運営する複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間 京都新京極店」も併設している。カプセルホテルとしても広いオープンスペースを有し、訪日観光客も利用しているそうだ。

なお、コミカプ京都新京極店での導入以降は、コミカプほか、同社が運営する複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」店舗での導入を検討している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop