「3-D Secure2.0」は2019年4月までにイシュアがサポートへ、バイオメトリクスは複数の方式をサポート(Visa)

2017年6月16日9:30

2017年5月24、25日に韓国・ソウルで開催された「Visa Security Summit」では、Visa SVP & Global Head of Risk & Data ProductsのMark Nelsen(マーク・ネルソン)氏が講演。同セッションによると、世界のカード発行会社(イシュア)等は2019年4月までに「3-D Secure(セキュア)2.0」への対応が必要となる。また、バイオメトリクスには複数の方式をサポートしていくそうだ。

3-D Secure1.0は10%のコマースが活用
世界中のイシュアの多くが3-D Secure2.0には好意的

Visaでは、3-D Secure 1.0を16年間展開してきたが、現在、10%のコマースが活用しているという。地域によっては幅広く活用しているところもあれば、ほとんどの加盟店に導入されていないエリアもある。なぜ、これまで導入されてこなかったかというと、ユーザー体験が理想通りではなく、離脱が起こるからである。そのため、Visaでは、3年間わたり如何にユーザー体験を向上し、かつセキュリティを確保できるかに務めてきたそうだ。

Visa SVP & Global Head of Risk & Data ProductsのMark Nelsen氏

3-D Secure 2.0ではユーザーのフリクションを抑えながら、リスク・ベース認証によりリスクの高い取引のみに対して承認を要求可能だ。また、多くのOSやアプリへの対応、ワンタイム・パスワードや生体認証などへの対応を行う(関連記事)。Nelsen氏は、「3-D Seure2.0は新しいソフトウェア開発キットがあり、認証テクノロジを活用できるのが柱の1つです」と説明する。

世界中のイシュアの多くが3-D Secure2.0には好意的であり、最終的にはすべてのイシュア、EC加盟店にこの仕組みを組み込んでもらいたいとしている。

Visaをはじめ、Mastercard、JCBなどがサポート
今年の終わりからイシュアが採用へ

3-D Secure2.0は、2016年10月にEMV Coで仕様が発表。Visaをはじめ、Mastercard、JCBといったペイメントのネットワークはシステムをアップデートしてサポートする。

「今年の終わりから採用のユースケースが登場します。イシュアが準備できれば、すぐに対応している加盟店でトランザクションが可能になります。2019年4月までに世界中のイシュアがサポートしなければなりません」(Nelsen氏)

3-D Secure2.0の対応スケジュール

つまり、イシュアは2年弱で3-D Secure2.0に準備する必要がある。イシュアは自らもしくはサービスプロバイダーを利用して対応する。Visaはイシュアの対応状況をチェックし、準備ができれば、3-D Secure2.0のメッセージセットを送るという。

「Visa Ready」をバイオメトリクスに拡大
PINでもバイオメトリクスでも同様の消費体験を

また、生体認証は、3-D Secure2.0にも対応するが、今後はリアルの決済時にPINの代わりに使用できるようになる予定だ。Visaでは、安全なペイメントを各製品やサービスに組み込むための仕組みである「Visa Ready(ビザ・レディ)」を提供しているが、それをバイオメトリクスに拡大する。

さまざまな認証でバイオメトリクスを活用できる

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop