Visaデビットが「見えないけれど、見たい」ツイート投稿を映像化(Visa)

2017年6月21日15:43

ビザ・ワールドワイド(Visa)は、「見えないけれど、 見たいもの」をツイートしてもらう「見える化」キャンペーンに応募した人の中から、1名のツイート投稿「つむじが見たい!」という願いを実際に映像化し、2017年6月21日より公開する。

ツイート投稿「つむじが見たい!」という願いを実際に映像化(Visa)

1月12日~26日の同キャンペーン期間中、773件のツイート投稿があり、その中から「@Risa0702chanさん」投稿の「つむじが見たい!」が当選した。 そこで「自分のつむじを見る」という題目のもと、一室に4人のチャレンジャーを集めた。室内にある道具を使って自分でつむじを見ようと工夫する様子を写した映像を、Visaデビットのキャンペーンウェブサイトで閲覧できる。

Visaデビットカードは、利用すると利用代金が銀行口座から引き落とされ、口座残高が確認できることで現在利用可能なお金が見えることから、「残高見える、 安心見える」を新コンセプトとし、2017年1月より、テレビCMをはじめ施策展開をしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop