クラウド型モバイルPOS「POS+」で「WeChat Pay」決済が可能に(IBS/コイニー)

2017年6月26日19:54

インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)とコイニーは、IBSが提供する、飲食業向けクラウド型モバイルPOS「POS+(ポスタス)」と、コイニーが提供する、スマートフォン決済サービス「Coiney」において、「WeChat Pay(微信支付)」の使用が可能となる連携を、2017年6月26日より、開始すると発表した。

クラウド型モバイルPOS「POS+」 決済サービス「Coineyスキャン」連携(IBSとコイニーのプレスリリース)

POS+ は、iPhoneやAndroid 端末のスマートフォンやタブレットに対応したクラウド型モバイルPOSとなり、「Coiney」とも2014年から連携を開始している。今回、コイニーが2017年5月より提供を開始した「Coineyスキャン」との連携によって、WeChat Payの利用が可能となった。今回の機能拡張により、登録アカウント数11億超、月間アクティブユーザー数8.9億を持つ、WeChatユーザーの日本における飲食店での支払いが対応可能となる。

なお、WeChat PayをPOS+で利用するためには、「Coiney」の契約が必要となる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop