「Paidy」の支払い方法として「口座振替」を導入(エクスチェンジコーポレーション)

2017年6月28日10:00

エクスチェンジコーポレーション(ExCo)は、2017年8月1日から、オンライン決済サービス「Paidy(ペイディー)」の支払い方法として新たに「口座振替」を導入すると発表した。

これにより、利用者は、支払いのためにコンビニや銀行まで行く必要がなくなるという。また、指定銀行口座から自動で引き落としされるため、支払い忘れや遅延などの心配もなくなるそうだ。なお、コンビニエンスストアでの支払いについては新たに支払手数料を導入。

具体的に、コンビニの支払期日は翌月10日で支払手数料は350円(税込)となる。口座振替の支払期日は、翌月12日、支払手数料0円、銀行振込の支払期日は翌月10日で、支払手数料は銀行により振込手数料が異なる。

Paidyは、オンラインショッピング時にメールアドレスと携帯電話番号を使用してリアルタイムで決済を行うことができるサービスだ。クレジットカード情報などの事前登録は必要なく、本人確認はSMS(ショートメール)もしくは自動音声で案内する認証コードによって瞬時に行われる。Paidyで決済した料金は、まとめて翌月にコンビニエンスストアや銀行振込、または今回新たに導入する口座振替、いずれかの方法によりお支払い可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop