九州・沖縄エリアの加盟店で使⽤可能な「グルメチケット」を電⼦化(ギフティ)

2017年6月30日16:10

eギフトサービスを展開するギフティは、エイキュウリンクスが運営する、九州・沖縄エリアで使用可能な「グルメチケット」の電子化の運用基盤として、「gifteeスタンプ」に対応したギフト販売システム「eGift System」を提供したと発表した。また、電子化された「グルメチケット」は、2017年7月1日より、「Travel e-gift」として、九州・沖縄エリアのホテル約40施設、その他大手旅行会社にて販売が開始される。

「Travel e-gift」運⽤イメージ(ギフティ)

ギフティは、2016年11月より、エイキュウリンクスへ「eGift System」の提供を開始し、共同で沖縄エリアの加盟店28店舗を対象とし、先行して「Travel e-gift」のパイロット運用を行ってきたという。同パイロット運用の結果をもとに、九州・沖縄全エリアの加盟店約78店舗で利用可能な、「Travel e-gift」の本格運用を開始し、今回、ホテルや旅行会社などでの販売を開始することとなった。

「Travel e-gift」は、多言語での利用が可能であるため、インバウンド需要にも対応可能だ。また、購入した「Travel e-gift」を、LINEやメッセンジャー、メールといったコミュニケーションツールで、第三者にeギフトとして贈ることもできるという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop