生命保険会社12社の代理店業務を開始(三井住友カード)

2017年6月30日17:09

三井住友カードは、2017年6月30日から、生命保険代理店業務を開始すると発表した。今後は生命保険会社12社の代理店として、三井住友カード会員へ生命保険・医療保険を案内するそうだ。

生命保険会社12社は、アクサ生命保険、アクサダイレクト生命保険、朝日生命保険相互会社、アフラック 、AIG富士生命保険、オリックス生命保険、住友生命保険相互会社、チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド、マニュライフ生命保険、三井住友海上あいおい生命保険、メットライフ生命保険、メディケア生命保険となる。

まずは、2017年7月より電話にて医療保険などの案内を開始し、順次商品を拡大する予定だ。保険料は、手持ちの三井住友カード発行のクレジットカードで支払うことができる。

なお、エスシー・カードビジネスの生命保険代理店業務についても、同7月から三井住友カードが引継いで実施する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop