モバイル決済 for Airレジがビットコイン決済取扱開始、メガネスーパーで導入(リクルートライフスタイル)

2017年7月3日19:05

リクルートライフスタイルは、同社が提供する決済サービス「モバイル決済 for Airレジ」において、2017年7月3日より仮想通貨「ビットコイン」決済の取り扱いを開始すると発表した。また、7月10日から、メガネスーパーが運営する全国のメガネスーパー全334店舗(2017年7月3日時点)にて、ビットコイン決済が導入されるという。

「モバイル決済 for Airレジ」は、「Alipay(支付宝:アリペイ)」や「LINE Pay」の決済サービスに対応しており、QRコードを読み込むだけで決済が完了する。これまでに商業施設や飲食店、ドラッグストアなどで利用されている。

店舗における決済完了までのフロー(リクルートライフスタイル)

メガネスーパーは、訪日外国人を含むすべての利用者の決済における利便性を向上し、来店率を高めるために、全店舗でビットコインの導入を決定したそうだ。

店舗は、「ビットコイン」決済を含む「モバイル決済 for Airレジ」を新規で利用する場合、店舗はiOS対応のスマートデバイスとインターネット環境を用意するだけで、初期費用は必要ないそうだ。さらに店舗は、売上を決済時のレートにしたがった日本円で受け取ることができるため、「ビットコイン」の価格変動リスクや為替リスクがないという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop