インドのチャットが送金決済参戦(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年7月9日9:00

その名はハイク(Hike)。俳句に由来するものなのかどうか定かではないが、インドで最大のチャットアプリの名称だ。

 

Hikeは2012年12月12日創業のスタートアップ。時価総額は14億ドルで、10億ドルを超えるユニコーンクラブの一角だ。ソフトバンクや中国のチャットサービスWeChatがバックアップしている。

 

そのHIkeがチャットアプリの中にモバイルウォレットを追加した。これを使えば送金や受金が簡単にできる。

 

この送金サービスもPaytmと同様にUPI(Unified Payments Interface)をプラットフォームにしている。よって、銀行口座へ即時に送金できる。受金者がHikeアプリを使っていなくてもいい。

 

Hike Walletは送金以外にも、プリペイド携帯へのトップアップや、請求支払いも可能。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop